福島市、伊達市、二本松市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村の外壁塗装、塗り替えならプロタイムズ福島店へお任せください。

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社郡山塗装 福島店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-001-282
営業時間 9:00~18:00
年中無休(年末年始、GW、お盆を除く)

フリーダイヤル0120001282

スタッフブログ

【福島市】スレート瓦(渡邉)| 郡山塗装|福島市・伊達市・二本松市・本宮市・国見町の屋根塗装&雨漏り補修、屋根リフォーム専門店郡山塗装、適正価格で評判の見積もりを実現

福島市・二本松市・伊達市・伊達郡の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装(プロタイムズ福島店)です!

今回のブログを執筆させていただく渡邉です!

今回はスレート瓦というものについてご説明いたします!

スレート

・スレート瓦は内容成分の85%はセメント、残りの15%は石綿(アスベスト)で構成されている建材になります。厚さが4.5㎜と薄く、軽量に作られている建材です。どれほど軽いかと言いますと、従来の和瓦が1㎡面積あたり約42~60kg(平均46kg)の重さに対して、スレート瓦は1㎡面積あたり約17.5~20kg(平均18kg)程しかありません。そのため耐震材としても非常に人気の高い建材でございます。スレート瓦を製造しているメーカーでは耐用年数は20年~30年とされておりますが、塗装を行うことでこの耐用年数を延命させることも可能です。

・2004年の法改正により、アスベストの含有率が1%を超えるスレート瓦は製造が禁止されました。2004年以降はアスベストのかわりにパルプやビニロンなどといった繊維質が含まれたノンアスベストスレートが製造されるようになりましたが、アスベストを含まないため強度が弱く、それまでのスレート瓦に比べ割れやすくなりました。また2006年にも法改正があり、2006年9月以降はアスベストが0.1%未満のスレート瓦が製造されるようになりましたが、アスベストの含有率がさらに少なくなったため、2006年前後に製造されたスレート瓦は人が乗るだけでも割れてしまうほど強度が無いため注意が必要です。

※2004年→含有率1%を超える建材や接着剤など10品目の製造、輸入、使用が禁止

2006年→含有率0.1%を超える製品の製造、輸入、使用が禁止

2006年以降でも全くアスベストが入っていないわけではない。

・欠点としましては素材のセメント自体には防水性がないため、スレート瓦は工場出荷時に塗装が施されており、この塗装によって防水性を保っています。この塗装の耐久年数は5年から7年程度と言われており、塗装の防水性が切れると雨水を吸い込み、様々な経年劣化に繋がるため定期的なメンテナンスが欠かすことの出来ない建材です。

また、スレート瓦を塗装する際には、縁切りやタスペーサーを使用し小口部分に隙間を確保する必要が

ございます。この工程を省くと塗装することで逆に雨漏れしてしまいます。

スレート瓦の塗装の見積もりをお願いしている方は、タスペーサーがお見積り上で入っていることを

必ず確認することが大切です。万が一入ってない場合は縁切りを行うのかを聞く必要がございます。

縁切りの詳しい説明につきましては次のブログで!!

お気軽にお問合せ下さい!


郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

人気記事

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top