福島市、伊達市、二本松市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村の外壁塗装、塗り替えならプロタイムズ福島店へお任せください。

ドクトル外壁さん プロタイムズ
株式会社郡山塗装 福島店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-001-282
営業時間 9:00~18:00
年中無休(年末年始、GW、お盆を除く)

フリーダイヤル0120001282

【福島市】水道管の凍結にご注意を!!プロタイムズ福島店 齋藤 正樹

福島市・二本松市・伊達市・伊達郡の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店の郡山塗装(プロタイムズ福島店)です!

今回のブログを執筆させていただく齋藤正樹です!

年明けから氷点下の気温の続く毎日ですが、皆様は風邪などひいていないでしょうか?

私は元気に仕事をしております。今年はコロナ対策の影響で風邪での受診はかなり減っているようですね。コロナも早く収まってほしいものですね。

さて、今日は水道管の凍結に関してのお話です。氷点下が続くと水道管の凍結が心配されますね。そこで凍結させないため処置と凍結してしまったあとの処置に関して書いていきたいと思きます。

〈凍結させないために〉
水道管は-3℃~-4℃で凍り始めるといわれております。

①ヒーター線が接続されているか確認する
外部水栓または給湯器の給水菅給湯管には寒くなると感知して管を温めてくれるヒーター線が巻かれております。このヒーター線のコンセントが接続されているか確認してください。まれに夏場は使用しないからといってコンセントを外したまま、接続するのを忘れて凍結してしまう場合があります。

②外部不凍水栓柱は水抜きをする
外部水栓で不凍水栓柱をお使いの方は冬になったら必ず水抜きをして、蛇口は最大に開放しておいてください。

③お風呂のお湯は抜かない
石油・ガス・電機のボイラーに共通していることですが、冬場はお風呂のお湯を循環口より上にはった状態にしておいてください。これは寒くなるとボイラーは水が凍らないように勝手に水を循環させる機能を持っているからです。

④長期の外出をする場合は水抜きをする。
長期的に外出する場合は家全体の水抜きをしましょう。水道の元栓を占めて、蛇口を開放した状態にしてください。また、水抜き栓がある場合は水抜きをしましょう。
忘れていけないのがボイラーの水抜きです。ボイラータンク内の水も説明書に従って確実に抜いてください。これをしないとボイラーはほぼ確実に壊れます。

〈凍結してしまったら〉
といっても凍結してしまったらの対処法になります。結果的には温めて氷を解かすしかありません。問題はあたため方になります。

①タオルを巻いてぬるま湯をかける
必ずぬるま湯にしてください。熱湯をかけると配管の破損につながります。とけるまでかけてください。

②ドライヤーで温める
家庭用のドライヤーで大丈夫なので温風で温めて氷を溶かしてください。

注意点:どちらの方法でやる場合にも配管を囲っている部材ははがし、鉄管を露出させた状態で行い。終ったあとはヒーター線を巻き復旧させてください。

以上になります。

何よりも凍結させないための準備を行っていきましょう。
ではまた!!

 


郡山塗装は外壁塗装・屋根塗装・雨漏り専門店です。
創業から90年以上、郡山市・いわき市・福島市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■郡山塗装ではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!

■創業90年以上の実績をぜひご覧ください!

■郡山塗装が90年以上選ばれ続けてきた理由はここにあります!

人気記事

お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・見積もり
to top