福島市、伊達市、二本松市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村の外壁塗装、塗り替えならプロタイムズ福島店へお任せください。

プロタイムズ福島店・創業95年のKPCグループ、株式会社郡山塗装

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせください
フリーダイヤル0120-001-282
営業時間 9:00~18:00
年中無休(年末年始、GW、お盆を除く)

フリーダイヤル0120001282

スタッフブログ

塗装ができない屋根をご紹介!

塗装できない屋根はあるのか?という疑問について解説していきます!

 

福島市・二本松市・伊達市・伊達郡の皆様、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店プロタイムズ福島店(郡山塗装)です。

 

 

 

はじめに

そろそろうちの屋根も塗装の時期かなぁ~なんて考えていたのに、『塗装できない屋根だと聞いた…「塗装できない屋根の種類なんてあるの?」「なんで塗装できないの?」と納得できない方もいらっしゃると思います。

 

しかし、実際問題住宅の中には『塗装できない屋根』が多く存在します

そのほとんどは、2000年前後に製造されたノンアスベストの製品です。

 

Q.ノンアスベストとは?

まずは、ノンアスベストについてご説明いたします。

アスベストとは石綿のことで、そのアスベストの細かい繊維質を屋根材の形状に加工しているのがスレートです。アスベストが含まれた建材はとても耐久性が高いことから、以前は多くの建物に使われていました。しかし、健康被害が報告されるようになり2004年からはアスベストを含む屋根材は製造されなくなりました。

この屋根のことをノンアスベストと言います

 

しかし、このノンアスベストの屋根ですが、アスベストを抜いた結果、強度が弱くなってしまい、切り替え当初の製品は特に脆くなってしまいました。

その結果、この屋根を10年~15年後に塗装しようと思って、業者に屋根を点検してもらうと、とても劣化が進行してしまっているのです…。

ですので、塗装できないというよりは、塗装しても強度を維持できないほど傷みやすい弱い素材のため塗装をする意味がないのです。

 

また、ノンアスベストの屋根に関わらず、劣化が進行しすぎると本来は塗装できた屋根でも塗装できなくなってしまいます。

 

 

Q.よくある劣化は?

①ひび割れ

塗装できない 屋根 ひび割れ

まずは、ひび割れです。

染み込んだ雨水が凍結し、爆裂することで瓦が割れてきている状態です。

 

②欠損

塗装できない 屋根 欠損

次に、欠損です。

ひどい場合は、写真のように大きな範囲で欠損してしまいます。

 

③塗膜の剥がれ

塗装できない 屋根 塗膜剝離

次に、塗膜の剥がれです。

屋根表面の塗膜が広範囲で剥がれてしまうと、素地がむき出しになります。防水性が機能していないため、屋根材自体の劣化に繋がります。

 

④層状剥離

塗装できない 屋根

次に、層間剝離です。

屋根自体がミルフィーユ状に剥離を起こしている状態です。再度塗装をしてもミルフィーユ状に剥離を起こすため、塗装することが出来ない屋根材です。

 

以上の劣化が進行してひどい状態だと塗装することはできません。

屋根は自分では確認できない箇所ですので、心配な場合は専門家に点検をお願いしましょう!

 

 

2.塗装をおすすめしない屋根をご紹介

  • ニチハ/パミール
  • クボタ株式会社(現ケイミュー株式会社)/コロニアルNEO
  • 松下電工(現:ケイミュー)/レサス
  • 久保田松下電工(現:ケイミュー)/グリシェイドNEO
  • 久保田松下電工/エコシンプル
  • セキスイルーフテック(現:積水屋根システム株式会社)/セキスイ瓦U
  • クボタ株式会社/ザルフグラッサ
  • クボタ/アーバニー
  • 大建工業/ナチュール
  • クボタ株式会社/セイバリーNEO

 

以上10種類の屋根をメンテナンスする際は、注意が必要になります。

しかし、知識が少ない塗装屋さんだと、塗装をご提案してしまうこともあるそうです、、、

塗装は決して安い工事ではありません。意味のない工事でお金が無駄になってしまわないように業者選びにも注意が必要です。

 

 

3.塗装以外のメンテナンス方法

次に、塗装以外のメンテナンス方法をご紹介いたします!

塗装ができない屋根のメンテナンス方法は『カバー工法(重ね葺き)』がおすすめです。

屋根カバー工法とは、簡単にご説明すると現状の屋根材の上から新しい屋根をかぶせてカバーする工法のことです。

※既存の屋根の上にルーフィングと呼ばれる防水紙を貼り、その上から軽い金属の屋根を張ります。

 

【メリット】

・塗装は約10~15年ほどで塗り替えのタイミングになりますが、カバー工法は約30年以上もつと言われております。

解体工事がほぼ不要

→既存の屋根の解体や処分する手間がかからないので、葺き替えよりもコストを安くできる上、廃材も少ないエコな工法です。

 

▼屋根カバーの施工事例はこちらをご覧ください

【福島市】A様邸 屋根重ね葺き工事

【福島市】Y様邸 屋根カバー・外壁他塗装工事

▼その他の施工事例はこちらから

https://protimes-fukushima.com/case/

 

関連記事

屋根リフォームの相場 単価もご紹介

 

4.まとめ

塗装できないカラーベストについて、ご参考になりましたでしょうか?

まずは、自分のお家の屋根はノンアスベスではないか確認してみてください!

まずはお気軽にお問い合わせください♪

 

 

ブログ執筆者

お客様サポート係 カラーアドバイザー棚辺 

一人一人のお客様とのご縁を大切にしています!

 

 

 

点検・見積もりのお問い合わせはこちらから【見積りまで無料】

郡山塗装では外壁塗装に関する無料見積・無料相談も受け付けております。

また、各種お問い合わせは下記のボタンからどうぞ

 

Instagramもご覧ください

ショールームはこちら!

〈13号線を南方面からいらっしゃる場合〉

ヨークベニマル様・びっくりドンキー様を通り過ぎますと、左手にオレンジ色の建物見えたものがプロタイムズ福島店になります。

 

〈13号線を北方面からいらっしゃる場合〉

飯坂電車と13号線の交差点を南方面に向かって通り過ぎますと、反対車線側にオレンジ色の建物見えたものがプロタイムズ福島店になります。

反対車線になりますので、中央分離帯が切れている道路からUターンしていただきますようお願いいたします。

人気記事

お得なキャンペーン開催中!

詳しく見る

to top